社長挨拶



株式会社フロム神戸は2018年6月に、設立から10期目を迎えることができました。これもひとえに、お客様である荷主さんやいつも動いて頂けるドライバーの皆さんのおかげでございます。


「フロム神戸」は、元々私の父が阪神大震災で仕事を失い、痛手を負った神戸から何か発信していきたいという思いから、紆余曲折を経て2002年に創業した個人事業でした。だからこそ、この「フロム神戸」という言葉を私は大事にしていきたいと思っています。

2009年には様々な事情から大学を卒業したばかりの私が軽貨物事業を受継ぎ、法人化をし、常に苦しみながらもなんとか会社を継続してきました。法人化したばかりの頃は、リーマンショックの影響や私の未熟さもあり、うまくいかないことだらけで、何度も何度も心が折れそうになりました。

さらに軽貨物業界の現状を知るにつれて、何度も胸が痛くなる思いもしてきました。私自身も半年間1日も休みもなく毎日運転する日々や、早朝から夜中まで配車する中で、絶望を感じることも多々ありました。

「軽貨物業界は、我々が変える。」というMISSION(使命)を謳っていましたが、程遠いのが現状でした。

そこで私自身、別のアプローチから事業をおこなうのがいいのではないかと考え、法人設立から数年後からは既存のお客様だけを中心とした体制にシフトして、しかるべきタイミングまで積極的な営業をおこなわずに定期のみで事業をしていました。

その後、私自身が別のIT会社(株式会社プラットイン)を設立しましたが、その理由の30%程がこの「株式会社フロム神戸」の掲げるMISSION(使命)によるものでした。それが会社の社名にも表す形で表現しています。

そして私が実現したかった形をできる体制になりつつあることもあり、また株式会社フロム神戸が設立から10期目を迎える節目でもあり、再度ギアを入れて戦っていく決意を致しました。


小さい所帯ですが、 株式会社フロム神戸が「神戸から(FROM KOBE)」から軽貨物業界・運送業界・もっと言えば物流業界をも変える存在として、イノベーションを起こしていき、将来インフラまで創りあげる存在を目指していきます。

株式会社フロム神戸は、各ステークホルダーの期待に応えていけるよう 日々全力を尽くして参りますので、今後ともご支援の程、宜しくお願い致します。

2018年6月吉日
株式会社フロム神戸
代表取締役社長 高田 隼渡

社長プロフィール

1984年9月25日:兵庫県生まれ(明石市で生まれ、神戸市で育つ)
2003年3月:報徳学園高等学校を卒業(西宮市)
2009年3月:立命館大学経営学部経営学科企業家養成コース卒業
2009年6月:株式会社フロム神戸を設立し、代表取締役社長就任
2016年9月:株式会社プラットインを設立し、代表取締役社長就任

18歳時に経営者になると志し、大学入学と同時に広告系企業の立ち上げに創業メンバーとして参画。 大学を休学し、社会人として勤務。 復学後に人材系コンサル会社にアルバイト勤務。そこで学生ながら特例で社会保険完備の正社員となり役職者に昇進。その後、 大学卒業前に父が営む自営業の軽運送業の手伝いをし、2009年6月に株式会社フロム神戸を設立。さらに2016年9月に株式会社プラットインも設立。現在は掲げるMISSION(使命)実現のため、日々奔走中。